はじめてのタグラグビー教室

このページをシェア

2020年度 はじめてのタグラグビー教室

Vol.2 磐田市立豊田東小学校

実施日時2021年2月17日(水) 9時30分~11時10分
対象者児童63名(3年生63名)
教員:2名
申請目的最初の導入として、タグラグビーがどんなものかを教え、その後の指導に入っていけたらと考えています。
指導内容・タグの付け方、タグの上手な取り方、タグボールの上手な投げ方
・円陣パス
・手つなぎタグ取り
・タグ取り鬼
・一クラス2チームずつに分かれてのミニゲーム

担当教員からの報告

指導講習を受けることで、タグラグビーに対して、どのような印象を持ちましたか?
  • ルールや指導など、難しいイメージでしたが、指導者も子どもも気軽に取り組めると思いました。
ゴール型ボール運動の他種目と比較して、タグラグビーの良さはどのようなことだと思いますか?
  • タグを使ったしっぽ取りから発展できる、年齢を問わず、運動が苦手な子でも容易に参加できること。前にパスを出して進むために後ろに下がる子より、前にすすむ子が増え、運動に意欲的に取り組めるようになること。
今後どのようなタグラグビーの取組みを行っていく予定ですか?(授業、クラブ活動などの活動内容や目標)
  • 3年生の3学期に体育の授業で行うことが計画されています。
その他(参加者の様子・感想、質問・要望など)
  • 寒い中、ありがとうございました。タグラグビーのやり方やルールが短時間でよくわかり、子どもたちもとても喜んでいます。今後も引き続き指導に来ていただけるとありがたいです。YAMAHAのホームタウンであり、何となくは知っていたラグビーですが、元選手のような方やアザレアの選手などと関わることで、よりラグビーを身近に感じ、関心を高められました。


一つ前のページにもどる