ニュース

当財団の事業活動や助成対象者の皆さんの最新の状況をお知らせします

ロンドンオリンピック激励会を開催。オリンピアン3選手の活躍に期待!

ロンドンオリンピック激励会を開催。オリンピアン3選手の活躍に期待!

まもなく開幕するロンドンオリンピックへ、YMFSスポーツチャレンジ体験助成のチャレンジャーである黒須成美選手(第3期生/近代五種)、我孫子智美選手(第5期生/陸上:棒高跳び)、山﨑勇喜選手(第6期生/陸上:競歩)の3名が出場します。その3名の健闘を願って、7月20日に激励会を開催しました。山﨑選手はあいにく欠席となりましたが、黒須選手、我孫子選手は出席。それぞれ、代表獲得までの経緯を語るとともに、まもなく始まる本戦に向けた抱負を力強く語りました。

なお、オリンピック代表に選ばれた3名に特別チャレンジャー賞を贈呈するとともに、出席2人には浅見俊雄審査委員長と西田善夫審査委員からアドバイスとともに「初めてのオリンピックで緊張もあると思いますが、自分らしさを失わず楽しんできてください」と激励の言葉が贈られました。大会は7月27日からスタートし、8月4日に我孫子選手、11日に山﨑選手、12日に黒須選手が登場します。


選手のコメント

黒須成美選手

助成を受けていた頃の私は世界ランキング100位に入ることを目標にしていました。それが今ではオリンピックに出場(世界で36名)するまでに成長を遂げることができ、さらにオリンピックでは世界トップ10に入ることが目標です。苦手としてきたコンバインドもタイムが上がっていますし、後は本番に備えてコンディションを整え、得意種目でミスをなくせばトップ10に入ることも夢ではありません。初のオリンピックを思い切り楽しんできます。


我孫子智美選手

予選通過ラインは自己ベストの4m40を超える60とか55になることが予想されます。かなり厳しい数字であることはわかっていますが、ひょっとすると予選通過ラインが下がることもあるので、目標としては自己ベストを更新し、決勝への可能性もある4m50を狙います。ただ、記録を意識しすぎず、自分のペースをしっかりと作ってパフォーマンスを最大限に発揮することもとても大切です。とにかく未来のためにも、限界まで飛び続けてきたいと思います。


ロンドンオリンピック体験チャレンジャーの出場日程


「2012年のトピックス」にもどる