全国児童 水辺の風景画コンテスト

全国児童 水辺の風景画コンテスト

「全国児童 水辺の風景画コンテスト」は、未来を担う子どもたちが積極的に水辺へ出かけ、発見・体験したことを、子どもらしい素直な表現で自由に描くことを通して感性が育まれ、のびのびと成長するための一助となることを願って平成元年より毎年実施しています。

作品を応募される方はこちらをご覧ください

平成28年度・第28回


個人情報の掲載について

入賞・入選者のお名前の掲載を希望されない場合には、事務局までご連絡ください。次回のコンテスト開始以降、対応させていただきます。(TEL:0538-32-9827)


これまでのコンテスト

よくある質問と回答


水辺に学ぶ体験レポート

全国児童 水辺の風景画コンテストに応募された作品が描かれる背景となった、学校や幼稚園・保育園、家庭、地域等におけるさまざまな取り組みをご紹介していきます。
子どもたちは、水辺などの自然に出かけ五感で感じることで、学び・考え・表現し、心身が育まれていきます。そのような具体的な体験活動に積極的に取り組まれている事例を取材しました。

Vol.7 小学5年生 清水結子さん(神奈川県横浜市)

「子どもの興味や、やってみたいと思う気持ちを大切にし、その機会を作る」。清水結子さんのご両親が大切にしていることです。絵画教室や家族での自然体験は、こうしてはじまりました。その中で、自然に対する興味は実体験を通して感動に変わり、それを絵画として表現する好循環が、2年連続での本コンテスト入賞と結子さんの成長に寄与しています。…詳しく見る

※子どもたちの感性や可能性を育む体験活動に積極的に取り組まれている事例(応募いただいた団体・家庭)がございましたら、ご紹介させていただきますので、こちらまでお知らせください


これまでのレポート

一つ前のページにもどる