当財団について

このページをシェア

公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団(YMFS)は、モータースポーツやマリンスポーツ、またサッカーやラグビーにおいて豊富な普及・振興活動の実績を持つヤマハ発動機株式会社の創立50周年事業の一つとして、平成18年(2006年)11月に設立しました。

その設立にあたり、わたしたちはひとつの大きなビジョンを定めました。それは、ひと言でいうなら【スポーツを通じて、夢の実現にチャレンジする人を応援する】ということです。この「チャレンジする人」の定義や対象は、何もトップアスリートに限りません。競技レベルや種目(分野)、選手や指導者、研究者、といった立場にかかわらず、夢を抱き、高い目標を持って、それを乗り越えるために情熱を燃やすその「心」を応援したいと考えたのです。

ある競技で誰も成し得なかった記録をつくる-、その偉業と同じように「挑戦する心」そのものもまたきわめて尊く、価値のある行為であると信じています。

YMFSは、挑戦する姿勢が共感・称賛される人と社会づくりをめざして活動しています。

一つ前のページにもどる