体験型スポーツ教室/イベント

スポーツ体験事業のレポートを紹介します。
 2020年度 チャレンジ! ユニ★スポ

参加した児童・生徒の声

チャレンジ ユニ★スポ 参加した児童・生徒の声

小学生のコメントより

  • オリンピックだけではなく、パラリンピックも見てみたいなと思いました。初めて「ランプ」という道具を使ってみたけど、障害のおもい人は「ランプ」を使うことを初めて知りました。すごくうれしくて、家族にも話しました。家族も「ボッチャをやってみたい」と言っていました。ボッチャは障害のある人にもスポーツを楽しんで欲しいからあるんだと思いました。またボッチャをやってみたいです。
  • 障害のある人のためのスポーツ(パラスポーツ)に興味を持ちました。ボッチャは運動が苦手な人でも楽しめるスポーツだと思います。もっともっとパラスポーツを知りたいです。とても楽しかったから、家でも家族でやってみたいです。
  • ボッチャをやることになって、うまくできないんじゃないかと不安だったけどやってみたら、すごく楽しかったし、負けた時はくやしかったけど、やってみてよかったなと思いました。今日はいろいろなことを学びました。例えば、障害者のためのいろいろな工夫があって、自分ではない誰かのために、ということを学びました。
  • 障害のある人も無い人も楽しめて、負けた人も勝った人も、みんな笑顔になって「すごい」と思いました。ボッチャの他にも、いろんなスポーツがあるので、もっと知りたいです。障害者の人はたくさんいるから、障害者のためのスポーツがあると思います。
  • ボッチャはボールを手で投げるだけでなく、足で蹴ったり、道具を使ったりして、ボールをジャックボールに近づけていくという、誰もができるように工夫してあるのがいいと思いました。教えてもらったことを忘れないようにします。
  • ボッチャ体験ができて、うれしかったです。試合では、ボールがどのように跳ねたり、転がったりするのかがわかって、楽しみになりました。試合では、みんなと協力してできたのでうれしかったです。
  • 初めて本物のボッチャをやれて、すごくうれしかったし、障害のある人とも、一緒にボッチャをやってみたいと思いました。ボッチャのボールはすごく重かったです。障害のある人にもスポーツを楽しんでもらいたいから、ボッチャがあるんだって思いました。またボッチャをやってみたいです。
  • おうちの人に「ボッチャって何?」と聞かれて、「目が見えない人も足が不自由な人もできるスポーツだよ」と説明しました。「誰でもできるの?」とまた聞かれたので、「誰でもできるスポーツだよ」と答えました。でも、ボッチャがお年寄りとかみんなができるなんて知らなかったです。もっとボッチャのことを知りたいです。もっとボッチャをやりたいです。世界中の人ができるんだと思いました。