セーリング・チャレンジカップ IN 浜名湖

毎年3月に開催するジュニアセーラーの全国大会
 2021年度(第30回)

レース公示

(1) 主催

公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団(YMFS)

(2) 公認

公益財団法人日本セーリング連盟(承認番号 2021-44)

(3) 運営協力

NPO法人静岡県セーリング連盟

(4) 協賛

(調整中)

(5) 後援(申請中)

スポーツ庁、公益財団法人日本スポーツ協会、静岡県、静岡県教育委員会、公益財団法人静岡県スポーツ協会、浜松市、浜松市教育委員会、公益財団法人浜松市スポーツ協会、中日新聞東海本社、静岡新聞社・静岡放送、静岡朝日テレビ、NHK 静岡放送局、静岡第一テレビ、テレビ静岡、K-mix、FM Haro!、日本オプティミストディンギー協会、日本レーザークラス協会

(6) 協力

静岡県立三ケ日青年の家

(7) 開催場所

静岡県立三ケ日青年の家

住所 〒431-1402 静岡県浜松市北区三ヶ日町都筑523-1
TEL 053-526-7156
HP http://mikkabi-mfp.jp/

※参加隻数の状況により、参加隻数に制限を行う場合があります。公式NoRは、大会公式ホームページ内で案内します。

(8) 期日

2022年(令和4年)3月19日(土)〜21日(月/祝)

(9) 対象者及び対象種目
9-1 対象者はレース公示14.記載の参加資格に準じるジュニア及びユース選手
9-2 競技種目は、下記の通りです。

1人乗り OP級(初級/上級)、レーザー4.7級、レーザーラジアル級
※レーザー4.7級、レーザーラジアル級は、2022年ユース世界選手権選考を兼ねる
(10) 大会日程
3月18日(金)
13:00〜16:30 受付/計測
3月19日(土)
9:00 受付/計測
10:30〜 開会式/リーダーミーティング
11:55〜(A海面) 最初のクラス予告信号<引き続きレース>
12:25〜(B海面) 最初のクラス予告信号<引き続きレース>
3月20日(日)
8:30〜 リーダーミーティング
9:55〜 最初のクラス予告信号<引き続きレース>
3月21日(月/祝)
8:30〜 リーダーミーティング
9:55〜 最初のクラス予告信号<引き続きレース>
16:00~ 成績発表/閉会式
(11) レース数及びレースの成立
11-1 全てのクラスは、7レースを予定。大会は、3レースで成立とする。
11-2 1日に実施する各クラスのレース数は、最大4レースとする。
11-3 各クラスの最終日のスタート予告信号は、13:30以降実施しない。
(12) 適用規則

本大会は、国際セーリング競技規則2021-2024(以下規則)、クラスルール、SAILING INSTRUCTIONS(帆走指示書)及び本NOTICE OF RACEにより実施する。

(13) 競技方法

各競技種目のフリートレースとする。

(14) 参加資格
14-1 2004年(平成16年)4月以降に生まれた者。
・レーザー4.7級は、2005年1月1日〜2010年12月31日までに生まれた者。
14-2 日本セーリング連盟会員、および当該クラス協会会員登録済みの者。
・但しOP級初級は、未登録でも参加を認める。
14-3 U17においては、2022年12月31日時点で満17歳未満(2005年12月31日以降生まれ)の乗員で構成されたチームであること。
14-4 当該クラス協会および主催者が参加を認めた者。
14-5 参加資格の疑義は、当該クラス協会と協議し最終決定する。
(15) 参加申込方法
15-1 参加申し込みは、大会公式HPの『オンラインエントリーフォーム』に入力し、必要な参加料を支払うことにより、参加申込みを完了する事ができる。
参加申込締切日:2022年3月4日(金)

問い合わせ先 〒438-8501 静岡県磐田市新貝2500
公益財団法人 ヤマハ発動機スポーツ振興財団 事務局宛
Tel. 0538-32-9827  E-mail. webmaster@ymfs.jp
※参加申込を確認し、振込料金を参加チームへ送信します。
参加料 7,000円(1艇)
参加料・宿泊費等 送金先 みずほ銀行 浜松法人支店 普通口座 3500345
公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団 競技会口
※振込締切日 2022年3月11日(金)
※大会事務局の金額提示を受け、振込手続きをお願いします。
15-2 3月4日以降のレイトエントリーは認めない。
15-3 申込後の不参加申し出について

  • 申込締切日後の不参加申し出:参加料を返却せず、DNCとして記録する。
  • 申込締切日前の不参加申し出:返金手数料(1,000円)を差し引いた金額を返却する。
(16) SAILING INSTRUCTIONS(帆走指示書)の交付

帆走指示書は、大会公式ホームページに公示する。

(17) レースエリア
17-1 レースエリアは、「静岡県立三ケ日青年の家」沖に2海面を設置する。
17-2 コースは、ソーセージコースとする。
(18) 計測
18-1 大会に参加する競技艇は、計測を受けなければならない。
18-2 OP級上級は、受付登録時に計測書類(Measurement form/Measurement Certificate)を提示しなければならない。
18-3 計測はテクニカル委員会の判断により、実施される。
18-4 大会期間中、レース委員会は随時、艇または装備の検査をすることがある。
18-5 各競技艇は、バウライン(クラス規則に準ずる)を搭載し、その一端はバウアイに結び付けられていなければならない。レーザー級は、直径6mm以上、長さ5m以上とする。
(19) 責任の否認

競技者は、自己の責任において大会に参加するものとする。

(20) チャーター艇

本年度の大会ではチャーター艇の用意はありません。

(21) 賞
21-1 下記の賞を授与するが、参加隻数によって賞を変更する場合がある。

レーザーラジアル級 (総合) 1位〜3位 (女子) 1位〜3位
レーザー4.7級 (総合) 1位〜3位 (女子) 1位〜3位
OP級(上級) (総合) 1位〜3位 (女子) 1位〜3位
OP級(初級) (総合) 1位〜3位 (女子) 1位
21-2 賞は、参加隻数によって変更する場合がある。その場合は大会公式ホームページに公示する。
(22) 2022年度全日本大会出場枠の推薦および世界選手権選考基準について
22-1 OP級(上級)上位者は、2022年実施の全日本大会出場枠の当該クラス協会へ推薦する。
22-2 レーザーラジアル級、レーザー4.7級の入賞者は、各クラス協会が定める世界選手権選考基準に準ずる。
(23) 支援艇
23-1 支援艇を持参するクラブは、申請用紙に記載の上、大会事務局に申込みすること。
23-2 浜名湖航行の際、通行許可書が必要となるため、期限までに申込みし、大会事務局へ航行許可書を申請する。
(24) 保険の加入

参加選手、指導者、支援者は、有効な傷害保険、第三者賠償責任保険に加入すること。

(25) 大会の撮影映像、画像の使用について

本大会で撮影された映像及び画像は、YMFSのホームページまたはパンフレット等に使用することがある。

(26) その他
26-1 本大会はレースオフィスを設けず、登録、受付、出艇・帰着申告等はオンラインで行う。通告等は大会公式ホームページや、大会 LINE(後日URLを公開)で行われる。
大会公式HP:https://www.ymfs.jp/
26-2 大会専用LINEオープンチャットは3月1日(火)に公開する。参加者は大会4日前までに登録・参加をしてください。LINEは、レースコミッティーからの発信や出艇・帰着などの連絡用として使用する。

レース公示に含まれない追加情報

参加者の健康管理、ならびに新型コロナ感染症に関する対応

本大会は、公益財団法人日本セーリング連盟(JSAF)が2020年6月に定めた「セーリング競技に関わる大会等再開時のガイドライン」を遵守し、以下の行動を徹底することで、参加選手、指導者、保護者、運営⽀援者、運営スタッフなど全ての関係者の感染防止を目指すものとします。

  1. 来場者個人調査票の提出(別紙)
    大会受付時(18日・19日)に「来場者個人調査票」をご提出ください。
    本データは新型コロナウィルス感染拡大防止の為、追跡調査に使われます。
    選手、指導者、保護者、運営⽀援者、運営スタッフなど全ての関係者の提出をお願いします。
  2. 選手、指導者、保護者、運営⽀援者、運営スタッフなど全ての関係者は、大会公式LINEを事前に登録し、大会当日の健康状態の報告をお願いします。
  3. マリーナ内では、必ずマスクを着用し、ソーシャルディスタンスを保ち、こまめな手指消毒の徹底をお願いします。
  4. 開会式、閉会式などの式典は通常の形式より変更します。詳細は別途ご案内します。
  5. 選手・指導者、保護者の昼食は各自準備すること。(運営協力者・スタッフは除く)
  6. ヨットハーバーに⼊場できる保護者の人数は選手1名に対して1名(運営協⼒者は除く)までとなるよう、ご協⼒をお願いします。また指導者も必要最低限の人数として下さい。
  7. 選手は健康保険証のコピーの持参をお願いします。
宿泊
  1. 各自で手配して下さい。
  2. 会場外で連絡を確保するため、引率責任者の連絡携帯電話番号を事務局に届け出てください。
  3. 宿泊施設については、下記をご参考ください。
    浜松市北区三ヶ日町 TEL/053 FAX/053
    リステル浜名湖 下尾奈2251-38 525-1222 525-1888
    浜名湖レークサイドプラザ 下尾奈200 524-1311 524-1321
    東急ハーヴェスト浜名湖 大崎372 526-1093 526-1727
    グリーンプラザ浜名湖 佐久米1038 526-1221 526-1223
    琴水 都筑595-1 526-7221 526-7975
    松島館 大崎1883 526-7558 526-7558
    トヤママリン(ペンション) 下尾奈2241-1 525-1002 525-1093
    民宿 太郎 大崎989 526-7832 526-7832
  4. 浜松・浜名湖ツーリズムビューローのサイト
    宿泊施設一覧 | 公益財団法人 浜松・浜名湖ツーリズムビューロー (mice-hamamatsu.jp)
スポーツ振興くじ助成金 GROWING すべてのスポーツにエールを

第30回「YMFSセーリング・チャレンジカップ IN 浜名湖」は、スポーツ振興くじ助成金を受けて実施しています。