全国児童 水辺の風景画コンテスト

このページをシェア

水辺に学ぶ体験レポート

全国児童 水辺の風景画コンテストに応募された作品が描かれる背景となった、学校や幼稚園・保育園、家庭、地域等におけるさまざまな取り組みをご紹介していきます。
子どもたちは、水辺などの自然に出かけ五感で感じることで、学び・考え・表現し、心身が育まれていきます。そのような具体的な体験活動に積極的に取り組まれている事例を取材しました。


Vol.7 小学5年生 清水結子さん(神奈川県横浜市)

「子どもの興味や、やってみたいと思う気持ちを大切にし、その機会を作る」。清水結子さんのご両親が大切にしていることです。絵画教室や家族での自然体験は、こうしてはじまりました。その中で、自然に対する興味は実体験を通して感動に変わり、それを絵画として表現する好循環が、2年連続での本コンテスト入賞と結子さんの成長に寄与しています。…詳しく見る

Vol.6 周防大島町立久美保育所(山口県大島郡)

瀬戸内海に浮かぶ周防大島にある久美保育所では、その豊かな自然環境の恩恵を受けながら、日常的な体験とそれを表現する創作活動を行っています。そのキーワードは「楽しく」。園児の感性のままに体験を進め、また創作を通じて、さまざまなものを吸収することで、逞しく生きる力を養っています。…詳しく見る

Vol.5 社会福祉法人若竹会 秋和保育園(長野県上田市)

毎年、数多くの作品を応募いただいている秋和保育園では、日々「感動」をキーワードとした子どもたちの体験機会の創出を行っています。またその体験を、絵画教室の中で作品にすることで「感性を磨き、育てる」というところまでを一連の活動とし、子どもたちの「感動」が成長に繋がっていく保育を行っています。…詳しく見る

Vol.4 八頭町立船岡小学校(鳥取県八頭郡)

八頭町立船岡小学校では、自然体験を実施するだけでなく、授業や学校行事と連動させ、体験を通じて育んだ興味・関心を広げる指導が行われています。そこには、子どもたちに「熱中できる」「夢中になれる」何かを見つけてほしいという先生たちの願いが込められていました。…詳しく見る

Vol.3 横浜市鶴見区 聖ヨゼフ学園小学校4年 簗瀨詠子さん

平成22年度から3年連続で優秀賞を獲得してきた簗瀨詠子さん。そして今年、その成果が認められて横浜市鶴見区から「鶴見区長賞」を受賞しました。こうした活躍の背景にあるのがご両親手作りの自然体験旅行。そこには「好奇心や探究心を育てたい」というメッセージが込められていました。…詳しく見る

Vol.2 森光一仙絵画教室(高知県高知市)

森光一仙絵画教室では、川遊びや登山を中心とした自然体験活動を行っています。こうした体験を通じて、子どもたちの感性や表現力を磨き、チャレンジ精神を養い、そして何事にも立ち向かうことができる逞しさ“人間力”を高める指導が行われています。…詳しく見る

Vol.1 竹富町立上原小学校(沖縄県八重山郡)

上原小学校では、西表島の豊かな環境をベースとした校外体験学習を通じ自然や生き物と触れ合うことで児童の豊かな感性を育んでいます。今回は、上原小学校の児童が描いた作品の題材となった「海の達人」プログラムを中心とした学校の取り組みについてご紹介します。…詳しく見る

※子どもたちの感性や可能性を育む体験活動に積極的に取り組まれている事例(応募いただいた団体・家庭)がございましたら、ご紹介させていただきますので、こちらまでお知らせください


「全国児童 水辺の風景画コンテスト」トップにもどる

一つ前のページにもどる