全国児童 水辺の風景画コンテスト

自然との触れ合いを促す体験型の絵画コンテスト
 第33回 全国児童 水辺の風景画コンテスト

審査結果

第33回「全国児童 水辺の風景画コンテスト」では、2021年6月21日から9月30日の期間、水辺に出かけた時に発見・体験したことや学んだことを描いた作品を募集しました。

全国各地の幼稚園、保育園、小学校、絵画教室などから、合計18,507点という多くの作品が寄せられました。(昨年6,556点)

10月12日、13日、19日に開催した1次審査会では376点が選ばれ、さらに2次審査会を通過した201点の作品からは、10月26日に開催した最終審査会において、入賞作品23点が選ばれました。

各受賞者につきましては、下記一覧をご覧ください。

入賞作品選考

日時2021年10月26日(火)
場所御茶ノ水ソラシティ(東京都千代田区)

入賞作品は、2次審査会を通過した201点の作品の中から、「文部科学大臣賞」「国土交通大臣賞」「環境大臣賞」「農林水産大臣賞」、「特別賞」、「優秀賞」の合計23点が選ばれました。

審査員
一般社団法人創元会 会員、公益社団法人日展 会友(1次・2次審査)服部 譲司 画伯
一般社団法人創元会 会員、浜松美術協会 会員(1次・2次審査)杉山 悦照 画伯
俳優、画家国広 富之 画伯
文部科学省 総合教育政策局 地域学習推進課 青少年教育室 室長補佐山本 健司 様
国土交通省 港湾局 海洋・環境課 専門官島津 花菜 様
環境省 水・大気環境局 水環境課 課長補佐滝田 暁夫 様
農林水産省 水産庁 漁港漁場整備部 計画課 課長補佐不動 雅之 様
一般社団法人日本マリン事業協会 専務理事佐伯 誠治 様
公益社団法人日本ユネスコ協会連盟 事業部長尼子 美博 様
一般社団法人日本マリーナ・ビーチ協会 常任理事山下 雅人 様
NPO法人ジャパンゲームフィッシュ協会 事務局 事業部長岡田 正文 様
独立行政法人国立青少年教育振興機構 理事長古川 和 様
一般財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会 理事長眞嶋 洋 様
東京海洋大学 学術研究院 教授、当財団 理事千足 耕一 様
ヤマハ発動機株式会社 人事総務本部 渉外部 部長黒田 久次 様
公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団 理事長木村 隆昭

総評

国広 富之 画伯

子どもたちの描く作品はごまかしやいつわりがなく、感じたままを素直に描いており、大きなエネルギーに溢れていますが、今年度もエネルギーがぎっしり詰まった18,507点ものすばらしい作品が集まりました。最終審査会に残ったものはその一部ですが、審査員として、画家としてこの場に立ちたくさんのエネルギーをもらい、また心から楽しむことができました。このコンテストは今回で33回目を迎えました。子どもたちが自然体験を行い、そこで感じたことを絵画として表現するわけですが、水辺でのさまざまな体験と創作活動それぞれにチャレンジがあり、そこで逞しさや豊かな心を磨き上げるわけです。また、絵画だけでなくスポーツなどにも共通しますが、コンテストに応募することで、さらに一段意識を高めることにもつながっています。今年度もたくさんのご応募いただきましたが、保護者や指導者の皆さまには、子どもたちの成長を促す本コンテストをこれからもご活用いただければと思います。