セーリング・チャレンジカップ IN 浜名湖

第25回(平成29年) レースレポート

第25回 大会最終日

大会最終日となった3月20日は、強風が吹き荒れた前日とは打って変わって、朝方に残っていた北西の風も、選手たちが出航する頃にはなくなってしまい、鏡のように静まりかえった湖面で、レース艇は風待ちのためしばらく漂うことになりました。

午前11時頃になると海からの南西の風が入り始め、A海面/B海面ともに各クラス最終レースのスタートが切られました。昨日までの成績で、優勝が確定していたクラスもありましたが、全艇最後までベストを尽くしてセーリングをして、全3日間のシリーズが幕を閉じました。