活動レポート

平成29年度・9月の活動報告

レポート:箱守康之(校長)


大会レポート「ミキハウスカップ2017」に参戦!

平成29年9月10日(日)に東京若洲で開催されたミキハウスカップ2017にスクール生7名が参加し、初級者クラスに参加した選手が大活躍しました。参加した選手は皆、保護者が声援する前で、楽しいレースを行うことができました。

成績OP級上級7位/47隻
OP級初級1位、2位、4位/16隻
レーザー4.7級4位、5位/7隻

OP級初級で競う当生徒たち(湾内)

レーザー4.7級、OP上級は、ゲートブリッジ沖でレースを実施

参加者7名の集合写真

OP級初級表彰式

ミニホッパー級からレーザー4.7に乗換えるクラブ生

表彰式終了後に保護者を含め集合写真


活動レポート「平成29年度保護者会/前期」

平成29年年9月24日(日)に平成29年度保護者会(前期)を開催し、在校生36名中、29名の保護者が参加しました。

午前中は、薄曇りから日差しが差し込む天候の中、海上で生徒たちの練習を観戦、午後からは保護者会を行い、前期の活動の振返りや後期に向けた活動スケジュールを説明しました。

午前中は、葉山マリーナベイクルーズに保護者が乗船。生徒たちのセイリングを間近に見ることができました

中・上級の生徒は、一緒にスタートし、マークを使用したエクササイズを繰り返し練習を行いました


午後からの保護者会では、個人評価を含め前期活動の振返りを説明しました

詳しくはレポートページをご覧ください


保護者アンケート実施

水辺体験学習の参加率(平成29年)
  • 安全講習会 : 40%(生徒15名)
    ※参加率の低下、上級生の参加低下傾向
  • 伊豆大島外洋帆走は、大会が重なる傾向と低学年が多いことで2年間中止

在校生/保護者からもコメントを戴きました

スクール/夏季活動全体を通したコメント(保護者)
通常練習
  • 身の回りのことを、自ら進んで行なうようになった。(自主性)
  • ヨットのことをより多く話すようになった。(コミュニケーション)
  • コーチがある程度固定されることで、より上達すると思います。
  • 学年ごとに艇種変更で、楽しさも増してきたようです。
  • 中級と上級のはざまで、練習内容等で少し不安のようです。
  • 動画での指導は、非常に効果的で本人も確認できて良かった。
安全講習会
  • 海での活動で、周囲の注意喚起を行なえるよう、身を守るために欠かせない大切な講習と考えています。
  • 実技も含め有意義な講習で、子どもも楽しかったようです。
強化練習
  • 大会参加者以外の生徒も、参加しやすい強化練習を希望します。
  • 葉山以外の海域でも合宿させたい。
  • 他クラブとの合同練習を増やして欲しい。
大会参加
  • ヨットの知識、技術はまだまだですが、体験しながら学ぶことも多く、今までより練習意欲が出てきたと思います。
  • 他のジュニアチームの子供たちと少しずつ友達の輪が増やせている。
  • 保護者の艇搬出入、大会サポートに積極的に参加することが望ましい。
  • 大会参加で、取り組み姿勢が前向きになってきました。

参照:保護者会レポート




一つ前のページにもどる