活動レポート

平成28年度・1月の活動報告

レポート:箱守康之(校長)


2017年のスクール活動始動

1月8日(日)からスクール活動をスタートしました。

活動拠点の「葉山マリーナー」で保管するオーナーを含むヨットマンが集結し、本年の海洋スポーツの安全を祈願する式典に子どもたちも参加しました。

28年度の活動も残り2ケ月半となりましたが、1月の週末は、南岸低気圧の通過(8日)、最強寒波の到来(14日)、日本海低気圧の通過(21〜22日)と荒れ模様となりました。

安全祈願祭に参加

海に向かって各自の年間目標を大きな声で誓いました(森戸海岸)

餅つきにチャレンジするスクール生たち

海の神様(森戸神社)をお参りし、身を清め安全祈願をしました


通常練習

1月28(土)〜29日(日)と1月最後の活動を実施しました。金曜日は大荒れの天候でしたが、週末にはようやく天気も回復し、今まで乗れなかった子どもたちも、気持ちよさそうにセーリングを満喫しました。

久々の天気に恵まれ、練習に打ち込むレーザーラジアル、4.7級の生徒たち。3月の浜名湖大会は、このクラスの世界選手権選考対象レースでもあり、練習に力が入ります。陸近くでは、OP級初級が練習を実施

ミニホッパー級の中学生は、個別に技術向上の練習を実施。3月の浜名湖大会までに、より技量を高めます


江の島ミッドウィンターカップ

1月15日(日)に、江の島ミッドウィンターカップが開催され、当スクールから3隻(OP上級)が、本年最初の大会に参加しました。風向、風速も不安定で、1レースのみの実施となりました。

成績OP上級DNF(参加53隻)<フィニッシュできたのは5隻のみ

大会参加者は、朝から夕方まで風待ち、出艇、帰港と繰り返し、結局実施できたのは1レースのみで、フィニッシュできたのは5隻のみという長い1日となりました。




一つ前のページにもどる