活動レポート

平成28年度・12月の活動報告

レポート:箱守康之(校長)


第13回ジュニア・ユース クリスマスカップ

12月17日(土)〜18日(日)、江ノ島ヨットハーバーにて第13回ジュニア・ユース クリスマスカップが開催され、当スクールから10隻(レーザー級×3隻、OP上級×4隻、OP初級×3隻)が、寒風の中、平成28年最後の大会に参加しました。

成績レーザー4.7級18位(参加28隻)
レーザーラジアル級3位、5位(参加12隻)
OP上級30位、31位、34位、36位(参加76隻)
OP初級12位、13位、14位(参加15隻)

参加選手が集合した開会式

スロープで出艇を待つ当スクール生たち

初めて参加するOP初級のレース風景。本人たちは、「もう少し頑張れた」と反省。次回の大会が楽しみです

表彰式の様子

大会最終日の表彰式では、レーザーラジアル級で海外選手(韓国)を除き2位(小屋選手)、4位(廣瀬選手)が表彰されました。

小屋選手は、平成29年1月5日よりオーストラリア遠征に参加、廣瀬選手は新年早々から国内レースに参戦予定です。

OP級上級、初級は、残念ながら表彰台に登段することができませんでしたが、来年は1月16日から次の大会にチャレンジします。

ジュニア・ユース選手は、それぞれの目標に向かって新しい年を迎えます。


通常練習

12月24日(土)に行なった一年最後の練習日には8名の生徒が参加し、寒風の中、ミニレースそして大掃除を行ないました。

今年入会した生徒も、「1人でセーリングできる」という目標も達成し、北風の中、最後までしっかり練習に取り組んでくれました。


6m/secの風までマークを廻航できるまで成長した入校生、来年の飛躍に期待!!保護者からは、「毎回、楽しくスクールに通ってその日の内容を会話してくれます」と嬉しいコメントを戴いています。


OP級上級およびシングルハンダー級の合同練習風景。OP級に乗り生徒もシングル艇を体験する機会も持ちました。


練習終了後、艇置場、部品倉庫、教室の掃除を参加者で行ないました。




一つ前のページにもどる