活動レポート

平成28年度・9月の活動報告

レポート:箱守康之(校長)


ミキハウスカップ

9月4日(日)に東京都立若洲海浜公園ヨット訓練所にて、一般社団法人日本ジュニアヨットクラブ連盟主催のミキハウスカップが開催され、当スクールからOP級初級(3名)が参加し、レースを楽しみました。

初級クラスは、湾内河口でレースが行なわれ、川の流れと変化する風に翻ろうされる


小沢杯

9月18、19日の2日間、江の島沖にて、第30回小沢吉太郎記念少年少女ヨットレースが開催されました。

初日は南よりの強風と大きなうねりで思うようにレースが消化できませんでしたが、2日目は北よりの風の中、Aクラス4レース、Bクラス6レースを実施することができました。当スクールからOP級上級(1名)が参加し、全日本大会前の最後の大会として、調整を含め参加しました。

成績:22位/ 62隻参加

雨続きの不安定な天候の中、レースを実施。トップ集団でレースを展開する生徒(写真/右から2番目をセーリングする3301号艇)

トップ集団から少し遅れるレース展開となる生徒(写真/左から4番目をセーリングする3301号艇)

平成28年度上半期の保護者会を開催

上半期の活動を振り返る「平成28年度保護者会」を9月25日(日)に葉山マリーナにて実施しました。午前中は通常練習を保護者は大型ベイクルーザー艇から観覧し、午後は上半期の活動を振返り、各個人の成長評価及び下期の日程確認と活動の課題を含め、意見交換の場としての保護者会を実施しました。

詳しくはレポートページをご覧ください


平成28年度インターンシップの受入れ

本年実施のインターンシップ研修では、立命館大学スポーツ健康科学部在籍の2名が参加。9月22日(木)に開催した当財団ジュニアヨットスクール葉山での実技指導に参加しました。雨が激しく降る悪天候でしたが、風も吹く中、子供たちの練習を視察、子供たちの指導方法、指導者の声掛けなど、専門外でのスポーツの中で、子供を対象とした海洋スポーツ指導を体験しました。

初級を担当する指導者から説明を受けるインターン生(写真中央)

上級を担当する指導者から説明を受けるインターン生(写真右側)

豪雨の中、セーリングするシングルハンダー(中学3年)

インターンシップのコメント

雨が強く降る厳しい天候の中、皆さんの練習を見させてもらい、真剣に取り組む姿勢が伝わってきました。指導者の海上での厳しい指導も、しっかり積み上げることで、きっと上達すると信じて、頑張ってください。




一つ前のページにもどる