活動レポート

平成28年度・8月の活動報告

レポート:箱守康之(校長)


国際交流日本ジュニアヨットクラブ競技会2016

8月5日(金)〜7日(日)に東京/若洲ヨット訓練所にて、一般社団法人日本ジュニアヨットクラブ連盟主催の表記大会が開催され、海外選手(7ケ国参加)を含め、当スクールからOP級上級(5名)、OP級初級(6名)、レーザー4.7級(1名)の計12名が参加しました。

生徒達は各クラスで熱戦を繰り広げ、練習成果を発揮して楽しく国際交流を含めレースを楽しんでいました。

日程 8月5日(金)〜7日(日)
参加者 12名 OP級上級(5名)、OP級初級(6名)、レーザー4.7級(1名)
場所 東京/若洲ヨット訓練所

猛暑での大会でしたが、保護者のサポートもあり参加者全員、レースをエンジョイしました。上位でマーク廻航する生徒たち(上級クラス)

初めてレース参加するレーザー4.7級の生徒(中3男子)

閉会式後に選手12名、保護者、コーチの集合写真

OP級上級表彰式では、上位8名中に当スクール生徒3名が表彰。写真左/総合4位、国内2位となった当生徒(中1男子)


OP級初級表彰式では、レース参加2回目の生徒が6位に入賞(中2女子)


第14回 全国中学校ヨット選手権大会

全国で活動する中学校ヨット部及び開催水域で活動するジュニアヨットクラブを対象にした大会に初めて参加しました!

在籍の中学校を代表し参加することで、5名の生徒も緊張気味でしたが、日頃の練習成果を随所に発揮し、上位成績を獲得しました。

日程 8月19日(金)〜21日(日)
競技種目 OP級・ミニホッパー級・シーホッパー級SR
場所 千葉県稲毛ヨットハーバー

出艇を待つ生徒艇(写真左)。OP級、ミニホッパー級に参加

出艇を待つ生徒艇(写真左)。OP級、ミニホッパー級に参加


不安定の天候で、風も安定しない中、微風でのレースとなりました
・写真左/ミニホッパー、シーホッパーSRのレース風景
・写真右/OP級のレース風景

全員集合写真

OP級総合4位、女子1位を獲得(須永笑顔選手/中2)。<横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉中学校>


レーザー4.7級 世界選手権2016

当スクール生廣瀬翔大選手(高1)は、日本代表として世界選手権に参加しました。遠征前の7月16日〜18日に鳥取県境港公共マリーナで日本代表合宿を実施し現地に乗り込みましたが、厳しい世界の洗礼を受けてきました。今後の一層の飛躍を期待します。

日程 7月30日(土)〜8月7日(日)
競技種目 レーザー4.7級
38ケ国/256隻<日本から3隻参加>
場所 キール(独)
最終成績 204位

国内の強化合宿は、世界を目指すユース代表選手が参加(写真提供/日本レーザークラス協会)


強風でのレースシーズンとなり海外選手とのパワーの差を感じた大会となりました。写真上/右が廣瀬選手(写真提供/日本セーリング連盟オリンピック強化委員会)

生徒の遠征報告より

今回の遠征は成績も悪く、もっとできたと思う所もありますが、日々ベストコンディションで臨んでいたことを考えると、これが今の自分の実力なのだと思います。
ただ初めてこのようなビッグフリートの中でレースをしたので、課題は、とても多く見つかりました。
マーク回航などの基本動作から、複数艇間でのスタートの位置取りなど日々の練習では少し難しいことなど色々ありました。しかしその多くは、日々の練習で克服できるものです。ましてハイクアウトに関しては陸でもできることです。
ここで見つかったこのような課題を日々の練習または、日々のトレーニング一つ一つしっかりとつぶしていきたいと思います。
来年、今度はラジアルで世界選手権に出られるように、頑張ります。


2016 レーザーU-21世界選手権大会

当スクール生小屋英美里選手(高3)は、レーザー4.7級世界選手権後に開催された表記大会に参加。廣瀬選手と同様に厳しい世界の洗礼を受けてきました。今後の一層の飛躍を期待します。

日程 8月11日(木)〜16日(火)
競技種目 レーザーラジアル級
男子38カ国147名、女子29カ国59名
日本から2隻参加(男1、女1)
場所 キール(独)
帯同コーチ 冨部柚三子<当スクールコーチ>
最終成績 50位

強風のレースシーズンとなり海外選手とのパワー、テクニカルの差を感じた大会でした。(写真左/軽風レースで上位を帆走できた小屋選手)

ハーバーは1972年ミュンヘンオリンピックのセーリング会場

混雑を避け、早めに出艇する小屋選手

大会期間で最も吹き上がった3日目第5レースでリタイアせずに完走したことで表彰されました。

(写真提供:日本セーリング連盟オリンピック強化委員会)


第34回 東日本オプティミスト級セーリング選手権大会

2016年11月3日〜11月6日に福岡県福岡市ヨットハーバーで開催される「第48回全日本オプティミスト級セーリング選手権大会」の予選会となる大会に当スクール生<上級/5名、初級/3名>8名が参加し、上級5名中3名の選手が全日本大会の出場権を獲得しました。

日程 8月26日(金)〜28日(日)
競技種目 OP級上級/106隻、初級/22隻
場所 葉山新港
最終成績 上級14位、17位、32位、53位、73位、初級14位、17位、22位

台風10号の影響で、北東風が強まった上級では、上位にくらいつく生徒たち。写真/サイトマークで、上位を帆走する須永選手

初級クラスの初日は、好天の北東風で、楽しくレースを行なうことで、簡単なコース設定でセーリングする生徒たち。写真/風下マークで、帆走する林田選手

初級クラスでトップで風上マークを廻航する小柳選手

大会を終え、満足な笑顔を見せる生徒たち。<写真左>小柳選手は不在

大会を終え、保護者、コーチとの全員写真。<写真右>小柳選手は不在




一つ前のページにもどる