活動レポート

平成28年度・7月の活動報告

レポート:箱守康之(校長)


夏休み直前の恒例講習「水辺の安全講習会」を開催!!

今年で7年目を迎える「水辺の安全講習会」は、水辺に親しみながら安全確保の知識や技術を身につける目的で実施しています。

今回は、初めて参加する7名を含む生徒17名に加え、指導者4名、保護者・友人など15名が参加し、合計36名が水難事故防止を目的とした座学と実技の講習を受け、「自分を守る」「仲間を守る」のテーマから知識と技術を学びました。

講習会を受講した参加者には、「ライフセービングサポーター講習会」の修了書が配布されました。

日程7月17日(日) 9:15〜16:00
参加者36名<生徒17名、指導者4名、保護者・友人など15名>
場所葉山漁業協同組合会館(葉山マリーナ横森戸海岸)

詳しくはレポートページをご覧ください


葉山マリーナヨットクラブ(HMYC)とのコラボで水辺体験活動を実施!!

今年度は、従来行なっていた「伊豆大島外洋帆走」に代わるイベントとして、葉山マリーナヨットクラブ(HMYC)とのコラボレーションによる「相模湾でのクルーザー帆走体験」を実施しました。

6月の大使館レース運営サポートに続く新しい水辺体験活動の一環として、今後も総合的水辺体験機会を増やすきっかけ作りとして位置付けていきたいと考えています。

日程7月23日(土)、24日(日) 9:00〜16:00
参加者22名<生徒12名、指導者2名、保護者・友人など8名>
場所相模湾、葉山一色海岸

HMYC「アドニス号」(大野オーナー)でのクルーザー体験活動。子供たち・保護者全員がステァリングを持ち相模湾セーリングを満喫しました。

伊豆大島外洋帆走で毎回伴走する「フィアンコ号」も参加し、ボーティングとシュノーケリング、スイミング等をサポート頂きました。




一つ前のページにもどる