スクール概要

スクール概要
主催・管理・運営
公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団
活動内容
ベーシック、マスター、エキスパート、クラブ/レーシングのステップアップ方式
定員
30名
場所
葉山マリーナ(神奈川県三浦郡葉山町堀之内50-2)
開催期間
4月~翌年3月まで(原則月2回の日曜日と夏季合宿) ※開校途中からの入校も可能です。
入会資格
小学校2年生以上、高校生までの健康な男女で、当スクールの指導方針に賛同される方。 ※入校には保護者の同意が必要となります。

クラス/目標

個々のレベルに合わせたクラス別カリキュラムを実施。


YMFSジュニアヨットスクールでは世代別、また個々のセーリング技術のレベルに合わせ、独自のクラス分けとそれに準じたカリキュラムで指導を行っています。

学年の目安 目標 受講日 年間受講料
小学2年
~4年生
  • 海洋スポーツ(セーリング)を知る
  • 自然(海)に親しみ仲間、コーチとの人間形成を図る
  • 風を感じ、セーリングの楽しさを学ぶ
  • 水との付き合いを学ぶ
月2回
第1・第3
日曜日
123,600円
学年の目安 目標 受講日 年間受講料
小学4年
~5年生
  • 自然に対し心身を鍛え、自分を磨く
  • 自主性、想像性を育む
  • 指導者、仲間との信頼関係を育む
  • 基本技術を覚える
  • バランス良く基礎体力を育む
  • 風を捉える
月2回
第1・第3
日曜日
123,600円
学年の目安 目標 受講日 年間受講料
小学5年
~6年生
  • 自主性・想像性を高める
  • 自分の意思で艇をコントロールできる
  • バランス感覚を養う
  • 幅広いセーリング技術を学ぶ
  • セーリングが楽しい(風を掴む、風を読む)
月3回
第1・2・3
日曜日
185,400円
学年の目安 目標 受講日 年間受講料
中学1年
~2年生
  • 自主性・想像性を育み計画性を持つ
  • 自己の判断で行動、責任を持つ
  • 幅広いセーリング技術を学ぶ
  • 幅広い海事教育を学ぶ(気象、自然環境、自然保護、歴史、海洋従事者等)
月4回
第1・2・3・4
日曜日
247,200円
中学3年
~高校3年生
  • アスリートと人間成長
  • 逞しい人間力 (自主・自律・想像性、計画性、実行力、責任感)
  • 自己の行動規範
  • スポーツマンシップ (シーマンシップ)
  • 国内代表を目指し、高いセーリング技術の習得
高校1年
~3年生
  • 海外代表を目標/アスリートと人間成長
  • 高い目標設定と目標達成
  • 逞しい人間力(自主・自律・想像性、計画性、実行力、責任感)
  • 自己の行動規範 ・スポーツマンシップ(シーマンシップ)
  • セルフコンディショニング作り
  • 世界に羽ばたけるより高いセーリング技術の習得

※入校1年目は上記年間受講料の他、セールバッグやライフジャケット等の購入が必要となります。

※基本的なセーリング練習以外にも夏季合宿や各種体験活動、目標達成のための練習、対外レースに参加します。その際、別途費用が必要となります。

※上記料金は、2014年4月以降の料金です。最新の料金、受講日は事務局に確認ください。


セーフティポリシー

安全を第一に考え、細心の注意を払った運営を行っています。


マリンスポーツは、他の競技と比べ自然の影響を大きく受けます。このため、天候により海上での練習が変更や中止になることもあります。また、スクール生のサポートについても万全の体制で臨み、海上では安全性が確保されてから練習を行っています。なお、当スクールでは、万が一の時に備えて施設にはAEDを、救助艇には心肺蘇生装置を設置しています。


わたしたちの約束

安全に楽しく学ぶために、必ず守るべき約束ごとがあります。


ジュニアヨットスクール葉山では、スクール生と指導者たちとの間で約束ごとを決め、子どもたちはそれに則ったスクール生活を送っています。それが「わたしたちの約束」です。

1.大きな声で返事をします

名前を呼ばれたり、質問をされたときは、大きな声でハキハキと返事をします。

2.コーチとの約束を守ります

コーチや周囲の人たちの注意に耳を傾け、自分で立てた目標をやり通します。

3.自分のことは自分でやります

スクール前日の着替えの準備、ヨットの艤装や後片付けは、自分で責任を持ってします。

4.友だちと助け合います

友だちが困っているときは仲間といっしょに助け合います。

5.マナーを守ります

海でのルールを守り、他人に迷惑をかけない行動をとります。海に出るときは、必ずライフジャケットを着ます。

6.自然を大切にします

海を永遠にきれいに保つために、環境を思いやる気持ちを常に持ち続けます。

7.「感謝の心」と「振り返りの心」を持ちます

その日のスクールが終了した時は、必ず自分自身で1日を振り返り、コーチからの注意に耳を傾けます。


一つ前のページにもどる