調査研究

トップスポーツの現状と課題に関する調査研究報告書 -ラグビーフットボールに関する社会的認知と観戦行動の基礎調査- (平成27年度)

報告書の概要(全3章で構成)

|第1章|我が国のトップスポーツの現在地

日本のトップスポーツが学校運動部と企業スポーツを基盤としていた時代から、Jリーグにみられるような地域に根差したスポーツクラブへと変化していく流れを俯瞰し、時代変遷の中で高等学校ラグビーチーム加盟校数とラグビー部員登録人数の推移を手がかりに、調査研究の位置づけを論じています。


|第2章|ラグビーフットボールに関する認知度・関心度・観戦行動の基礎調査

平成27年度に実施した全国を対象とするインターネット調査と、ジャパンラグビートップリーグ第6節ヤマハ発動機ジュビロ対神戸製鋼コベルコスティーラーズ戦(静岡県磐田市/ヤマハスタジアム)の観戦者へのアンケート調査を併用する比較分析を試み、回答者のプロフィール、ラグビー観戦歴と今後の観戦意向、ラグビーに関する知識の認知度、観戦実態とトップチームへの要望などを報告しています。


|第3章|トップスポーツの未来像

今回のラグビーフットボールに関する調査研究に基づき、国内のトップスポーツの未来像を導き出し、トップスポーツに関する調査研究の方向性を論じています。


調査研究委員会

委員長
海老原修横浜国立大学 教育人間科学部 教授
委員
浅見俊雄東京大学・日本体育大学 名誉教授
公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団 理事
岡本純也一橋大学大学院 商学研究科 准教授
河西正博びわこ成蹊スポーツ大学 スポーツ学部 助教
齊藤まゆみ筑波大学 体育系 准教授
澁谷茂樹公益財団法人笹川スポーツ財団
スポーツ政策研究所 主任研究員
高橋義雄筑波大学 体育系 准教授
中森邦男公益財団法人日本障がい者スポーツ協会 強化部 部長
日本パラリンピック委員会 事務局長
藤田紀昭同志社大学 スポーツ健康科学部 教授

(五十音順・平成28年3月31日現在)

調査結果


一つ前のページにもどる