調査研究

障害者スポーツ選手発掘・育成システムの現状と今後の方向性に関する調査研究 (平成26年度)

調査概要

本年の活動をまとめた報告書では、スポーツキャリアの分析から、障害者スポーツ選手の発掘、育成、強化の課題を明らかにするとともに、今後の方向性についての論考を行いました。またこれらの課題について、指導者、スタッフ、アスリートに対するヒアリングを行い、課題と今後の方向性を整理しました。さらに、インターネットによるウェブ調査によって、一般の人の障害者スポーツに対する関心度、認知度を調査しました。その他、2年前に実施した大学への調査を再度行い、2020東京オリンピック・パラリンピックの決定によって、大学での障害者スポーツの環境がどう変わったかを調査し、またYMFSが初めて実施した障害者スポーツの環境についてのシンポジウムの内容を紹介しました。日本の障害者スポーツの社会的環境は多くの課題を抱えており、2020東京パラリンピックに向けて、行政、民間が協力してこうした課題を改善していかなければなりません。そうした動きにこの報告書が広く活用されることを強く期待しています。

調査研究委員会

委員長
海老原修横浜国立大学 教育人間科学部 教授
委員
浅見俊雄東京大学・日本体育大学 名誉教授
公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団 理事
藤田紀昭同志社大学 スポーツ健康科学部 教授
高橋義雄筑波大学 体育系 准教授
齊藤まゆみ筑波大学 体育系 准教授
岡本純也一橋大学大学院 商学研究科 准教授
田中暢子桐蔭横浜大学 スポーツ健康政策学部 准教授
河西正博びわこ成蹊スポーツ大学 スポーツ学部 助教
難波真理学校法人天理大学 天理スポーツ強化推進室 室員
中森邦男公益財団法人日本障害者スポーツ協会 強化部 部長
日本パラリンピック委員会 事務局長
澁谷茂樹公益財団法人笹川スポーツ財団 スポーツ政策研究所 主任研究員

調査結果


一つ前のページにもどる