スポーツチャレンジ賞

このページをシェア

YMFS SPORTS CHALLENGE PRIZE SPECIAL CONTENTS

中島正太

中島正太の足跡

FOCUS
SHOTA NAKAJIMA

歴史的勝利の向こう側

1985年9月2日, 中島正太は東京都葛飾区で生まれた。

葛飾ラグビースクールに入団したのは5歳の時だ。父も母も熱心なラグビーファン、その影響で彼もラグビーを始めた、いや始めさせられたといったほうがより適切だろうか。練習場は、柴又帝釈天のちょうど裏手、荒川の河川敷にあり、毎週末中島はラグビージャージに着替えてそのグラウンドに通った。

「でも本音を言うと、小学校時代の僕は、ラグビーよりも野球が好きでした。当時住んでいたマンションの裏手には神社があって、境内で毎日のように草野球をやっていた。ラグビーは土日にやるもの、と割り切っていた感じです」

中学に上がる年、父親は仕事の関係で、自身の生まれ故郷である埼玉県熊谷市に戻ることを選択する。中島は新しい土地で新しい仲間と新しい生活を始めることとなった。<正太、お前はどうしたいんだ?>と父は息子に聞いた。<部活動で知り合った仲間も大事になるぞ>。

本当は野球選手になりたかったが、遊び程度の草野球しかやってこなかった自分が、リトルリーグで鍛え上げてきた仲間に敵うとは思えなかった。バスケもやりたかったが、活躍するには身長が足りない気がした。結局、小学校時代ずっと続けたラグビーを選ぶしかなかった。

中島は熊谷東中学校に入学し、ラグビー部での日々をスタートさせる。雨でも、雪でも 朝から晩まで、ずっと体を鍛え続けた。運動場が使えなければ、体育館でリアルなタックルに明け暮れた。トレーニングはきつかったが、気がつくと、いつの間にかラグビーにのめり込んでいた。

ラグビーにとことん打ち込んだ中学生時代、全ては概ね順調に進んでいった。新人戦の東日本大会では準優勝を果たし、キャプテンを務めた3年時には関東大会で3位にも入った。自身も埼玉県選抜の一員として、花園でプレーした。

中学校を卒業すると、中島はラグビーの名門熊谷工業高校へと進学する。ほかにも選択肢は何校かあったが、埼玉県選抜の仲間と、熊工に行って全国大会を目指そう、という話はしていたし、熊谷出身の父も、できれば熊谷工業に行って欲しいと願っていた。

しかし、今から思えばその選択は挫折の始まりだったのかもしれない、と中島は熊工での三年間を回顧する。

「小学校からラグビーを習っていた分、中学生の時は全てがうまく運びました。でもそのノリで高校に進んでしまって、僕は努力を怠ったのかもしれません。一応試合には出られましたが、周りの仲間が中学時代の悔しさを糧に高校日本代表に選ばれたりする中、僕は結局伸びきれず、埼玉県選抜止まりでした」

<次のページへ続く>



「BACK STORIES」トップにもどる
「スポーツチャレンジ賞」トップにもどる

一つ前のページにもどる