スポーツチャレンジ賞

このページをシェア

YMFS SPORTS CHALLENGE PRIZE SPECIAL CONTENTS

第4回 功労賞 水谷 章人
PERSON

第4回 功労賞 水谷 章人


独創的な表現でスポーツの魅力を伝え、スポーツ写真家の育成・環境整備にも尽力〜スポーツグラフィックの新たな境地を拓く〜

写真学校を卒業したのち山岳写真家を志した水谷氏は、雪山の点景の一つとしてスキーと出会う。元オリンピック選手であった杉山進氏らによる極限の滑りに魅せられた水谷氏は、若き日の3年間、志賀高原に開講した杉山進スキースクールでプロスキーヤーやスクール生の撮影に取り組み、のちに「水谷流」と呼ばれる独創的な作風と撮影技術の基礎を築いた。これらの作品を1970年に開いた個展「極限に挑むスキー」で発表すると、被写体に肉薄したクローズアップの撮影術が大きな話題を集め、これをきっかけに1975年毎日グラフ誌(毎日新聞社)で「パワー&スピリッツ」が、続いて1980年にはNumber誌(文藝春秋)でも「THE SCENE(ザ・シーン)」の連載がスタートした。いずれの作品もさまざまなスポーツを題材にしながら、大胆な構図でアスリートの圧倒的な美しさや力強さ、時には脆さまでを一瞬のクローズアップで切り抜くことでスポーツ写真の新境地を示し、特に「THE SCENE」はその後のスポーツ写真の表現に大きな影響を与えるとともに、スポーツ写真家を志す若者を大いに刺激したとされている。

日本を代表するスポーツ写真家となった1993年には、日本スポーツプレス協会の会長に就任。写真家やジャーナリストの権利を守るための諸活動や活躍のための環境整備を行いながら、2001年からはJCIIスポーツ写真プロ育成セミナー「水谷塾」を主宰し、後進の育成にもつとめている。現在では、同セミナーの修了生約50人のうち約半数がプロスポーツカメラマンとして活躍している。

第4回 功労賞 水谷 章人

水谷 章人スポーツ写真家/一般社団法人日本スポーツプレス協会会長 1940年生・長野県出身

1965年東京総合写真専門学校を卒業。1970年に富士フォトサロンで個展「限界に挑むスキー」を開き、これをきっかけにさまざまなスポーツの一瞬をクローズアップで表現する作品を多数の雑誌、写真集、写真展等で発表。1993年に日本スポーツプレス協会会長に就任。2001年からはJCIIスポーツ写真プロ育成セミナー「水谷塾」を主宰。主な受賞歴に講談社出版文化賞(1981年)、日本写真協会賞作家賞(2007年)など。



「BACK STORIES」トップにもどる
「スポーツチャレンジ賞」トップにもどる

一つ前のページにもどる