YMFSスポーツ・チャレンジャーズ・ミーティング

このページをシェア

平成28年度 成果報告会 スケジュール

プレゼンテーションとパネル展示を交え
1年間での変化と成長を見せた成果報告会

目標を立て1年間で得られた成果と課題を報告。逞しく成長した姿を見せたチャレンジャー

3月3-4日、第9・10期生が、1年間の成果を報告する平成28年度成果報告会を開催しました。今回は3月3日に、全員が1分間のプレゼンテーションとパネル展示を行い、審査委員が報告内容を審査して体験・NEXT、研究・奨学生から、各3名、計6名を決定。ここで選ばれた6名が4日に改めて報告を行う形式としました。

プレゼンテーションでは、わずかな時間ながらも自身の活動や、競技・研究の特徴、自身の活動の特徴をシンプルにまとめて発表。パネル展示は、チャレンジャーがプレゼンテーションを聞いて興味を持った報告に関して、その報告者や他のチャレンジャーと自由に議論を交わす機会として体験・NEXT、研究・奨学生でそれぞれ約30分の時間を設けました。これは、チャレンジャー同士が話しやすい環境を作り、交流を促進する効果も狙っていましたが、積極的に語り合う姿が見られ、分野や世代を超えた結びつきを築く良い機会になったようです。

審査の結果、体験・NEXTでは、辻沙絵さん(体験)、藤原祐志さん(体験)、神箸渓心さん(NEXT)、古畑海生さん(NEXT)が、研究・奨学生では進矢正宏さん(研究)、松田太希さん(研究)、福谷充輝さん(研究)の7名が選ばれました。

7人は翌3月4日に改めて1年間、積み上げてきた成果と次に目指すステップなどを報告。その後、報告内容に関して、他のチャレンジャーや審査委員を交えての質疑応答を行いました。質疑応答もまたチャレンジャーにとっての交流機会となり、少しでも異分野の知見を吸収しようという姿勢が見られたほか、自らの分野が報告者の活動にどう貢献できるかなどの新たな視点の提供などもあり、互いを刺激し合う活発な意見交換の場になりました。

また審査委員からは、成果を称えながらも、それぞれの状況を鑑みた上で次の一歩につながる、またチャレンジの質を高めていくための的確なアドバイスが送られ、参加者全員にとって有意義な時間となったようです。


プレゼンテーションでは1分という限られた時間の中で、分かりやすい報告が行われた

海外留学や試合などで参加できないチャレンジャーは、動画にてプレゼンテーションを実施


パネル展示会場の様子

パネル展示ではチャレンジャーが活発に分野を超えて交流を図った


厳しい言葉と温かいエールを交えてサポートする審査委員

質疑応答では、体験・研究を問わず、多くのチャレンジャーが参加し刺激を与えあった