平成31年度(第13期生) 体験分野 募集要項

このページをシェア

①助成について

助成目的

アスリート、指導者、審判、スポーツジャーナリストなど、スポーツに関連する幅広い分野から、我が国のスポーツの普及・振興や競技水準向上につながる、高い志、明確な目的・目標、そして具体的なプロセスを持ったチャレンジスピリット、フロンティアスピリットにあふれる人に対して助成を行うことにより、世界にはばたく逞しい人材を育成することを目的としています。

助成の特色

「プロセス重視の独自サポートプログラムによる価値ある1年間」

YMFSでは「チャレンジの成果」はもとより、高いチャレンジ目標の設定やそこに至る「プロセス」も大切にしています。
PDCAサイクルをしっかりと実践し、さまざまな経験や交流による成長や向上のきっかけづくりも行っていく、プロセス重視の独自サポートプログラムを準備しています。

助成対象

次の各要件を満たし、平成31年4月〜翌年3月の期間に取り組む活動に対し助成します。

※講習会やイベント開催などの普及活動、施設・団体などの運営活動、スポーツ少年団等の指導などは、助成対象外とします。

区分 応募資格 助成件数 助成金額 受給回数 助成期間
アドバンスド 世界選手権など国際レベルでの実績を有する、中学3年生以上(応募時)の個人および、これによって構成されるグループ・団体 10件程度 上限150万円/件 最大2回まで 1年間
(平成31年4月〜
翌年3月)
ベーシック 世界選手権など国際レベルを目指す、中学3年生以上(応募時)の個人および、これによって構成されるグループ・団体 上限100万円/件 最大2回まで
ジュニア ジュニア世代の国際大会での実績を有する、中学1年生以上(応募時)の個人および、これによって構成されるグループ・団体 5件程度 上限50万円/件 最大2回まで

注意事項

  • プロ契約選手(競技を通して金銭を授受している方)や、他の団体等から助成または補助金を受ける方は対象外となります。
  • グループ・団体での応募の場合、代表の方が応募資格に該当することが必須となります。
  • 本募集期間中に応募できる件数は、1人または1グループ・団体あたり1件のみとします。
  • 当助成に採択された方は、助成金贈呈式・修了式、中間・成果報告会などへ必ず参加し、活動計画、四半期報告などの提出期限を順守し滞りなく行っていただきます。

「スポーツチャレンジ助成」トップにもどる